読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートのある暮らし

芸術全般に関して関心を持ったことを書いています。

夢管理計画について

 2017年の手帳を買い揃えました。
今年は本気で時間管理と夢をかなえるために数種類を使ってみることにしました。
近所の店に売ってないものは、ネットで取り寄せ中です。

1)バーチカル手帳
  →メインの手帳。主にやるべきことのリストの予定管理を行う。
   仕事+プライベートの予定管理用
   to do(するべきこと)用
   ※仕事の細かなタスク管理は100円のスケジュール帳+A4用紙で行う。

2)マンスリーノート
  →1年間のざっくりした計画を立てる用の手帳。
   やりたい事をあらかじめ書いておくためのもの
   want(やってみたいこと)用

3)マンスリーノート その2
  コクヨの「キャンパスダイアリー」を使用。
   一言日記用。実際に起こったことを簡単にログするためのもの。
  主に楽しかったことのみ記録して、いつ開いても楽しいものにする。
  can(その日何をやったか・できたか)用
  1週間・月単位で振り返るためのノート

4)キャンパスノート(無地)
  →なんでもノート
   本や雑誌・ネットで気になったこと、勉強になったことや心に残ったこと、思いついたことを記録するもの。
   これまではA4ノートに記録していたが、持ち歩けない=見返せないので不便なことが判明。
   モレスキンが欲しかったが、ちょっとお高いので無地ノートを購入。

5)ほぼ日手帳
  →絵・イラスト日記用
   思いついたアイデアや旅の思い出・美術館の感想などを記録するもの。
   モレスキンで書いたことの清書用ノート。
   こちらもお高いが、一日一ページとなっているため、書かないと白紙になるため書かざるを得ない。
   考えようによってはかなり安い買い物。

6)スクラップブック
  →心に残ったあれこれを保存。


A4メモ書きをはじめてから、A4用紙→書き終わったらクリアファイルに保存 が脳内整理にいいことを実感しています。
仕事の内容が細かすぎて、スケジュール帳で管理が難しいので以下の方法で一日一枚で管理を始めました。

1)やるべきことリスト(本日・1週間・月)+所要時間+優先順位 

2)タスク配分

退社前に、実際にどのくらい進んだが記録して、リングファイルに入れて終了です。
しばらく実践してみて、良さそうだったらワークシートみたいな様式を作って印刷しておけば書き込むときに見やすくなるんじゃないかと思います。
(プリンタを持ってないので買わないといけませんが…)