読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートのある暮らし

芸術全般に関して関心を持ったことを書いています。

歴史街道を読み始める

 歴史街道PHP研究所)という歴史に関する雑誌があります。
近くの図書館にバックナンバーが置いてあるので、気になったタイトルを数冊借りました。
かなり面白いです。もっと早く借りて読めばよかったです。

各号ではメインの特集が組まれています。
その中で、「刀剣と乱世」の特集(2015年5月号)がかなり面白かったです。

刀たちは、主に平安から幕末という長い期間を活躍してきました。
よって様々な伝説や逸話を持っているものがたくさんあります。

個人的には、平安時代の刀たちの話が面白いなと思っています。
小学生の頃に図書館においてある歴史漫画で読んだ内容や、高校の古典の問題集なんかでいくつか読みました。

その中でも、酒呑童子の伝説というのが好きです。
太平記」「平家物語」などの中で語り継がれている伝説の一つで、平安の姫君を攫っては食う鬼を勇者が退治するという話です。

平家物語には、剣の巻というものがあり、他にもたくさんの話があります。
もう一度読み直したいと思ったので、ブックオフで買うことにしました。
今週末には届いているといいなあ。

そういえば、最近の展示会で刀剣がよく展示されるようになったのは、「刀剣乱舞」というPCゲームが影響しているらしいと前記事で触れたことを思い出しましたので、
やってみることにしました。スマートフォンでもできるらしいので、ダウンロードだけしました。
あわせて今週末にやってみようと思います。 

歴史街道では、毎号の特集でかなり面白そうな内容を組まれていますので、図書館においてあるバックナンバーを少しずつ読破していきたいですね。
関ケ原の戦いとか、もっとくわしく知りたいです。