読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートのある暮らし

芸術全般に関して関心を持ったことを書いています。

熱田神宮へ行ってきました

 昨年に伊勢神宮へ参拝させていただきました。
 次は熱田神宮に行きたいと考えていましたので、行ってきました。

一月ということもあって、境内はたくさんの参拝者の方がいました。
御朱印をいただくのに結構並びました…。
お守りやお札はさらに長い行列ができていましたので、今度にしました。

宝物庫の展示も見に行きました。
広島の厳島神社などからの貴重な品々が展示されていました。
平家ゆかりの納経は、細部まで作った人の感性が感じられるような綺羅らかなものでした。

それにしても昔の人々は字が綺麗だこと…。
普段から毛筆で字を書いてたら上手に書けるようになるんでしょうね。きっと。

また、宝物庫の入り口には大きな太刀が展示してあります。
真柄太刀といいます。
訪れるたび見かけている気がするので、特別な事情がない限りは常設展示なのかなと思います。
(特別展のチケット買わなくても見れました。)

この太刀は、織田信長浅井長政が戦った「姉川の合戦」(滋賀県)で活躍したと言われているものです。
ちなみに、浅井長政の妻は、織田信長の妹のお市さんです。

この真柄太刀は、「本当に戦えるの?」というくらい大きいです。
薙刀のようにして使ったのかな…? 使い方がよくわからないです。


今回は、真柄太刀よりやや小さい千代鶴国安という太刀も特別展(有料です。)で展示されていました。
なるほど、よく似ていました。

熱田神宮は、草薙剣が祭られている関係で、剣の奉納が多いです。
毎月展示内容を変えながら、日本刀の展示をされているようです。
また今度見に行きたいですね。
今回は寄らずに帰宅しました。

今回は寄らずに帰りましたが、今度は参拝の帰りに美味しいひつまぶしを食べたいと思います。