読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートのある暮らし

芸術全般に関して関心を持ったことを書いています。

アウトプットしないと結局のところ何も生まないという話。

 TEDのプレゼンを聴いていると、すごい!と思うことばかりで、聞き終わると今の自分は何をやっているんだろうと落ち込んでしまいます。
 このようなすごいプレゼンを聴いていると、自分も何でもやれそうなすごい人間になったような気がします。
 TED以外にも、やる気のある人の話を聞いて、自分のモチベーションを上げるのは良いことだと思います。
 私はビジネス関連や自己啓発のセミナーに参加した経験はないのですが、それらも似たような現象が起こるのでしょうか。(どうでしょう?)

 このような気分は、漫画や映画を見たり、テーマ―パークに行くことで、非現実世界を体験をするのに似ている気がします。
 体験している間は幸せな気分になれるけど、終わってしまうと現実に引き戻されてしまう寂しさを感じるので、実は私はテーマパークが苦手だったりします。
 映画や本は、そもそもの費用がそれほど高くないので、あまりマイナスな気分にはなりにくいので、ついつい浸ってしまいます。
 しかし、テーマパークは交通費とか入場料とかを考えると、行った後の喪失感がちょっと辛いです。

 情報というのは、得る事で人の知的好奇心を満たすことのできる一種の娯楽なのでしょうか。
 そうであるならば、学んだり感じたことはどんどんアウトプットして、現実の生活の中で活用したり、自分自身が新しいことをやってみない限り何も生まないのでしょう。
 と、いうことに気がつきました。