読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートのある暮らし

芸術全般に関して関心を持ったことを書いています。

珈琲を控えてみました

読書100選 読書

 最近、なかなか眠れないので、思い切って大好きな珈琲を飲むのを止めてみました。
代わりに、ルイボスティーや紅茶、ハーブティー類を飲むことにしました。

 ネットで調べてみるとコーヒーが体に良いという情報と、体にあまり良くないという情報と両方あったので、きっとどちらも正しいのだとは思います。
私の場合、ブラックで飲むと胃腸を痛め、クリームを入れると砂糖も入れたくなるので油分と糖質を摂取することにつながってしまうという懸念があります。
しかし、それよりも、珈琲を飲むと頭が冴えるような気がするというメリットの方が大きいので、ほとんど毎日飲んでいました。

 控えてみてどういう効果があったのかと聞かれると、2週間程度の断ち切りでは正直よくわかりませんでした。
 しかし、体に良いといわれるルイボスティーハーブティーを飲むと、体調がすっきりする気がしました。
 また、せっかくなので、高級な紅茶もネットで取り寄せて飲んでみたのですが、爽やかですごくおいしかったです。
 紅茶の世界は広いなと思いました。

 かなり買い込んでみましたので、しばらくは紅茶・ハーブティーライフを楽しんでみたいと思います。

しあわせを呼びこむコツ?

 ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」を読みました。
一言でいうと、人生は自分が思ったとおりになるという内容です。

いやだと思うのも、楽しいと思うのもすべては自分の心の受け止め方一つではあります。
しかし、様々なことをすべて前向きに捉えるというのも、難しい話です。
一種の修行というか、自分の思考習慣を変える取り組みだと思います。

願望を持ち、成就のための計画を立て、固い決意を持って行動に移せば願望は達成することは、誰もがわかっています。
しかし、実際に受け入れる(そのとおりにする)ことは、時々忘れがちです。

私の場合は、計画を立てるのが下手くそだと最近になってようやく気がつきました。
そのために手帳やノートを先日買い込んだわけですが……
この「思考は現実化する」は600ページにわたって、夢を現実化させるためのノウハウがまとめられています
全部そのとおりに実行したら、成功に近づけると思います。
また、既に成功している人たちは、自然体でこれらの内容が実践できている人たちのようにも思えました。

私は、憂鬱になると誰とも話す気がしなかったり、体調がとてもしんどくなる時とかもあります。
しかし、どんなに嫌な事があってもなるべくマイナス方向に考えずに、どんなに些細なことでも頑張る事が夢に近づくルートなんだと思うことにします。

具体的な方法を考えてみました。
●仕事中や普段の生活の中で、なるべく将来の夢のために起こって欲しいことをイメージする。
●それらは、具体的な内容とする。
●具体的にイメージ化できるよう、A4メモ書きで書き出してみる。

1ヶ月ほど続けてみて、どうだったかをまた報告したいと思います。

古墳がブームらしいという話

 NHK番組の歴史秘話ヒストリアという番組で、古墳の特集がありました。
この特集を見るまで、古墳がブームになっていることを知りませんでした。
でも、大昔にどうしてあの(特徴的な)形のものを造ろうとしたのかな、とか興味を駆り立てられる部分が多いです。
神秘的ですよね。

「古墳の中が大切なんだよー」とのことで、古墳の中についても詳しく知ることができました。
大学生の時に、兵庫県へ外国からの留学生と共に古墳を見に行った事があります。
教科書の写真だけでは古墳の大きさについて想像するのが難しいですが、実際に登ってみると予想以上に大きかったです。
海も見えて、眺めも良かったです。

埴輪や土器も面白い形のものがたくさんありますね。
番組では、シャレて「古墳に土器土器(ドキドキ)」と言ってましたが、様々な器を見るのは楽しいです。


ユニークな前方後円古墳についてですが、7世紀には急に作られなくなったそうです。
その理由は、蘇我氏の影響で、代わりに方墳や寺院が造られるようになったのだとか。

そんなこんなで色々な不思議な魅力を秘めた古墳。
暖かくなったら、また行ってみたくなりました。

それにしても、番組の音楽を歌っているkalafina(カラフィナ)さんですが、神秘的な雰囲気が出ていて番組にぴったりですね。
アルバムを全部持っていますが、ぜひ一度生ライブで聴いてみたいです。

メデイアミックスの力ってすごいなと思った話

 日ごろから博物館(美術館)の展示会スケジュールをチェックしています。
その中で、昨年度から展示が最近増えてるな、と人と話していたら刀剣乱舞という
PC・スマホゲームの影響で、女性の方で鑑賞される方も増えてきたんだとか。
スマホ・PCゲームをやった事がないので、そんな流れになっているとは知りませんでした。

刀剣を擬人化したキャラクターで、敵と戦うゲームです。
今、ダウンロードしてちょっとずつプレイしています。
ネタ元(刀剣)について知っていてもいなくても楽しいと思います。

やってみた感想としては、織田信長に縁のある刀たちが、ちょっと元主(織田)にいろいろ言いたげな感じな印象を受けたのが個人的に興味深かったです。
気持ちは良くわかるよ……。
刀に本当に人格があったら面白いですね。いろいろ聞いてみたい話があります。
関ヶ原の戦い関連の武将の刀剣たちの話が聞いてみたいですね。
東軍と西軍で戦った感想が聞きたい。
天下分け目の戦いゆえ、陣営の寝返り等々もあったし、面白いだろうなぁ。
でも、有名な刀剣は少ない気がするので、キャラクターにするのは難しそうだし、出ないだろうなあ。


童子切はまだキャラクターに含まれていなくて残念ですが、今後新キャラクターに加わりそうな気がします。
現在のキャラクターたちのラインナップを見る限りの予想ですが。
(天下5剣の一部がキャラクター化されています!)
あと、私が知らない刀(手持ちの刀剣辞典にはない)とかもあり、時間があるときにいろいろ調べてみたいと思いました。

他にも、薙刀と槍はキャラクターになっていました。
戦うフィールドに桶狭間があったので、火縄銃があったら面白いなと思うのですが、刀じゃないしなあ。

などなど、歴史が好きな人間としては、考えているといろいろ楽しい内容です。
一番嬉しいのは、このゲームの登録者の数だけ刀剣について知っている(興味がある)人が増えているがために、いろんな所で刀剣が見られる機会がすごく増えたことです。

もう一つ、今回の件で気がついたことは、自分が好きなことについて人に話したり、こうやってブログやSNSに書いたりして発信することは大切だなと思いました。
他愛もない雑談により、意外なところで面白い情報を拾える場合があると気がつきました。

研修などで、初対面の人への自己紹介で趣味について話す際に、「博物館(美術館)に行くこと、歴史、美術が好き。寺社めぐりも好き
と話すと、あんまり関心がなさそうな雰囲気になってしまうこともあります(笑)
でも自分が好きなことについては、言ってみるだけ言ってみたらいいと思います。
得られるものの方が大きいです。

健康管理には気をつけてという話

 ほぼ1ヶ月ぶりに通っているジムに行ってきました。
いつも筋トレと30分~1時間ほどジョギングをしています。

平日はジムの閉館時間に間に合わず、土日は用事で忙しくて行けませんでした。
1ヶ月程度運動らしい運動をしていない+日中はほぼデスクワークで動いていません。

実は今週、運動不足か他の要因なのかわかりませんが、眼精疲労がひどかったのでした。
頭のてっぺんから目の周りまで、頭の皮膚と顔面中がこってしまいました。

温めた濡れタオルで目の周りを保温し、土曜日は睡眠不足も感じていたので、一日中寝ていました。
つまり、貴重な土曜日が憂鬱に終わってしまいました。
症状が深刻だったようで、土曜日も目の周りが痛くてしょうがなく…。
ドラッグストアで目薬を買うついでに久しぶりにジムに行ったのでした。

1ヶ月ぶりの運動らしい運動なので、まあ息が上がること上がること(笑)
でも、1時間半ほどの筋トレ+有酸素+ストレッチの後、入浴していたら猛烈に肩が痛くなりました。
全く症状がなかったですが、どうやら目の疲れに加えて肩もこっていたようです。
血液の流れが良くなったのか、まだ瞼は腫れているし、目と頭も痛いのですが、症状はマシになりました。

なるべく目の疲れを防げるように仕事のやり方を見直さないとな、と思いました。
加えて、プライベート時間に使用しているスマホ・PCや読書についても、工夫の必要性を感じました。
他にも、睡眠時間の管理とかも気をつけないと…。

習慣から変えていかないと、自分を変えるのは難しいと気がつきました。
帰りに本屋で立ち読みしていたら、寝る前はなるべくブルーライト(PC スマホ)を見てはいけないと書いてありました。
私は、寝る前が一番何かをするのに頭が閃く時間なのですが、入浴後は速やかに寝ることにしようと思います。
つまり、入浴の前に、その日にやりたいことをやってから寝るという習慣にシフトしていきたいと思います。

夢管理計画について

 2017年の手帳を買い揃えました。
今年は本気で時間管理と夢をかなえるために数種類を使ってみることにしました。
近所の店に売ってないものは、ネットで取り寄せ中です。

1)バーチカル手帳
  →メインの手帳。主にやるべきことのリストの予定管理を行う。
   仕事+プライベートの予定管理用
   to do(するべきこと)用
   ※仕事の細かなタスク管理は100円のスケジュール帳+A4用紙で行う。

2)マンスリーノート
  →1年間のざっくりした計画を立てる用の手帳。
   やりたい事をあらかじめ書いておくためのもの
   want(やってみたいこと)用

3)マンスリーノート その2
  コクヨの「キャンパスダイアリー」を使用。
   一言日記用。実際に起こったことを簡単にログするためのもの。
  主に楽しかったことのみ記録して、いつ開いても楽しいものにする。
  can(その日何をやったか・できたか)用
  1週間・月単位で振り返るためのノート

4)キャンパスノート(無地)
  →なんでもノート
   本や雑誌・ネットで気になったこと、勉強になったことや心に残ったこと、思いついたことを記録するもの。
   これまではA4ノートに記録していたが、持ち歩けない=見返せないので不便なことが判明。
   モレスキンが欲しかったが、ちょっとお高いので無地ノートを購入。

5)ほぼ日手帳
  →絵・イラスト日記用
   思いついたアイデアや旅の思い出・美術館の感想などを記録するもの。
   モレスキンで書いたことの清書用ノート。
   こちらもお高いが、一日一ページとなっているため、書かないと白紙になるため書かざるを得ない。
   考えようによってはかなり安い買い物。

6)スクラップブック
  →心に残ったあれこれを保存。


A4メモ書きをはじめてから、A4用紙→書き終わったらクリアファイルに保存 が脳内整理にいいことを実感しています。
仕事の内容が細かすぎて、スケジュール帳で管理が難しいので以下の方法で一日一枚で管理を始めました。

1)やるべきことリスト(本日・1週間・月)+所要時間+優先順位 

2)タスク配分

退社前に、実際にどのくらい進んだが記録して、リングファイルに入れて終了です。
しばらく実践してみて、良さそうだったらワークシートみたいな様式を作って印刷しておけば書き込むときに見やすくなるんじゃないかと思います。
(プリンタを持ってないので買わないといけませんが…)

タイムマネジメントは最重要課題であるという話

 あまりにも残業状態が続いている状態だと、仕事の進め方や職場の人間関係などを見直した方がよいはずです。

しかし、自分ひとりで解決しようとすると、効果的な解決策を知らない状態のままであるため、ドツボにはまる可能性があるとおもいました。
そういうわけで、様々な企業のタイムマネジメント研修の講師をされている方の研修を受講してきました。

結果からいうと、その講座は他の受講生とグループワークをしながら、自分の問題点を洗い出し、解決策を学ぶものだったので、有意義な時間でした。
特に、他の受講者も日々の業務に追いまくられている方ばかりだったので、悩んでいるのは自分ひとりだけじゃないということに気がつけたのが良かったです。
タイムマネジメントの問題は、メンタルヘルスに影響しやすいと思うので、日ごろ憂鬱な気分を感じることが多い方は、タイムマネジメントについて振り返ってみると良いかもしれませんね。

自分のできること(能力)、やりたいこと(目標)、自分に求められていることの3点がうまく重なることが、やる気をもって生き生きと働く仕事につながるのだと思います。
そのことを整理していくと、まだまだやりたい事に対する自分のスキル・出来る事が追いついていないなあと実感しました。

「1万時間の法則」というものがあり、何事も1万時間取り組むとその道のプロフェッショナルになれるとのことです。
仕事のみならず、遊びについても1万時間本気で取り組めば、食べていけるスキルになるんじゃないでしょうか。
そういう事ならば、一つのことに対して、本気で取り組んで行くことが幸せな人生を送る一つの方法なんだと思います。
一度にたくさんのことには取り組めないので、2017年は何に取り組もうかなと考えました。
つらい日があっても、自分が好きな絵や美術品を見ていると癒されたので、自分も誰か楽しませることができるような絵や文章をたくさん作りたいです。
そのために、引き続き歴史と美術のチェックをしていきたいです。寺社も回りたい。

あと、先生と予定が合わなくて楽器の練習ができなかったので、今年こそは音楽を極めたいです。
なぜ、予定が合わないかというと、つまりは残業なんですよねえ……

本気で時間管理に取り組むことは、人生を変える努力だと思います。